地球に優しく、資源を大切に!

  

廃棄物処理・リサイクル処理施設概要

《地球に優しく、資源を大切に!》多種多様化する廃棄物の適正処理に努め、循環型社会の形成に取り組んでいます。

処分場事務所
施設全景

破砕施設

産業廃棄物の種類及び能力

  • ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず〔128t/日〕
  • がれき類〔128t/日〕

選別破砕施設

産業廃棄物の種類及び能力

選別施設
  • 廃プラスチック類
  • 紙くず
  • 木くず
  • 繊維くず
  • ゴムくず
  • 金属くず
  • ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず
  • がれき類

※上記8種類合計で1日200m³の処理能力

破砕施設
  • 廃プラスチック類〔41.8t/日〕
  • 紙くず〔27.8t/日〕
  • 木くず〔120.3t/日〕
  • 繊維くず〔19.1t/日〕
  • ゴムくず〔32t/日〕
  • ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず〔6.6t/日〕

焼却施設

産業廃棄物の種類及び能力

  • 汚泥〔5.2t/16h〕
  • 廃油〔6.9t/16h〕
  • 廃プラスチック類〔5.3t/16h〕
  • 紙くず〔9.6t/16h〕
  • 木くず〔9.6t/16h〕
  • 繊維くず〔9.6t/16h〕
  • 動植物性残さ〔9.6t/16h〕
  • ゴムくず〔6.8t/16h〕

最終処分場(安定型)

最終処分場の埋立面積及び埋立量

埋立面積 8,031m² 埋立量 72,239m³

再生品・再生原料